人物

モーリーロバートソンはハーフ!母はどんなひと?経歴を調査!

流暢過ぎる日本語が印象的な外国籍タレントのモーリー・ロバートソンさん。

お名前やお顔立ちからご両親共に外国人だと思っていたのですが、日本人とのハーフだったんですね!

日本人なのはお母さんお父さんどっち?

どんなお母さんのもとで育ったの?

と興味が湧いたので、モーリー・ロバートソンさんのご両親、特にお母さんについて調べてみました!

今回は「モーリーロバートソンはハーフ!母はどんなひと?経歴を調査!」と題してお伝えします。

ぜひ最後までお付き合いください^^

モーリーロバートソンは日本人とアメリカ人のハーフ!

モーリーロバーソンはお父さんお母さんどちらが日本人のハーフ?

モーリーロバートソンさんは、日本人のお母さんとアメリカ人のお父さんを親に持つハーフです。

生まれはアメリカ合衆国のニューヨーク。現在も国籍は日本ではなくアメリカ国籍をお持ちです。

わたしはなぜか勝手に外国人なんだと思っていました!

「この外人さん、日本人より日本語上手ですごいなーーー!!」という第一印象。

初めにハーフかなって思っていたら日本語が流暢なことも当然に感じたかもしれませんが、ハーフだなんて1ミリも考えなかったです!

モーリーロバートソンがハーフって気づかなかったのはなぜ?

ひとつはきっとお名前で思い込んだんですね。モーリー・ロバートソンという、外国人のお名前。

ハーフのタレントさんってお名前にも感じとカタカナが組み合わさっていることが多くて「あ、ハーフなんだな」って勝手に感じ取りますよね。例えば、滝川クリステルさんとか、ダレノガレ明美さんとかがそうです。

もうひとつは見た目からの情報です。

ハーフの方は少しお顔立ちが薄まるというか、日本人寄りになるからハーフなんだな~って認識するけど、モーリーさんの場合は外国人にしか見えなくてハーフだなんて思わなかったんでしょうね。

ということは、モーリーさんのお母さんも割とはっきりとしたお顔立ちだったのかな?とモーリーさんのお母さんが気になって調べてみました!

スポンサーリンク

モーリーロバートソンの母はどんなひと?

モーリーロバートソンの母は国際人

モーリー・ロバートソンさんのお母さんのお名前は、ロバートソン藜子(れいこ)さんです。

お名前で検索したらお顔もすぐに拝見できました!

というのも、ロバートソン藜子さん自身もテレビのコメンテーターとしての出演や著書を出されるなどのお仕事をされていたからです。

藜子さんは日本出身の国際ジャーナリストでした。

そのお顔立ちは日本人にしてははっきりとしていて予想的中!予想以上の美人!!

美しさと知性を併せ持った存在感ある女性という印象ですね^^

そして「藜子」というあまり見ない難しい漢字のお名前からきっと良家の出身だったり親御さんが学者さんだったりするのでは??と思わずにはいられません。

気になるプロフィールと経歴を下にまとめてみました!

モーリーロバートソン母のプロフィールを紹介

ロバートソン藜子(ロバートソンれいこ)

旧姓:蒲田(がまだ)藜子

1932生まれ(2020年現在 88歳)

富山県高岡市にて、古くからの大地主の家に生まれる。

富山県立高岡北部高等学校から東京外語大学英語学科を経て早稲田大学第一政治経済学部を卒業。

毎日新聞東京本社に入社し、女性初の外信部記者となる。

奨学金を獲得し日本人女性として初めてヴァージニア大学(国際関係論修士課程)に留学。

そこでトマス・リー・ロバートソンJr氏と知り合う。

日本に帰国後、1961年に毎日新聞社を退職してトマスと結婚しロバートソン姓となって再び渡米。トマスとの間にモーリーとヘンリーの2児を儲ける。

心臓専門医であるトマス氏の転勤のたびに日米を行き来し、日米両国で子育てをしながら執筆活動やメディアでのコアナウンサー・コメンテーターとしての出演。

いかがでしたか?

モーリーさんの現在の活躍もなるほど!!って思いますよね^^

まとめ

わたしがてっきり外国人だと思い込んでいたモーリーロバートソンさんは、日本人を母にもつアメリカ人ハーフということでした。

お母さんであるロバートソン藜子さんのはっきりした美人顔を拝見して、自分がモーリーさんを外国人だと思い込んだことも納得^^

そしてロバートソン藜子さんの経歴を知れば、息子のモーリーさんにその才能がダイレクトに受け継がれているんだなとこれまた超納得です!!!

お仕事の面だけでなく、モーリーさんの結婚についても大きな影響になっているのかなとも思いましたね。(モーリーさんの奥さんについてはこちらの記事をどうぞ^^)

今回は「モーリーロバートソンはハーフ!母はどんなひと?経歴を調査!」と題してお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございました^^

-人物

© 2020 room501