人物

中田花奈の麻雀きっかけは?かなりんの実力と麻雀愛がすごい!!

先日乃木坂46を卒業した中田花奈さんが、卒業後の活動についてインタビューを受けた際に「雀荘を経営したい」と意外な発言をしましたね!

また、ご自身が出版した投資本のタイトルにもある「バフェットの投資術」について「麻雀と通じるものがある」という話もしています。

あなたは「麻雀」と聞いてどんなイメージを持っていますか?

わたしは「ルールがなんだか難しそう」「おじさんたちが徹夜でやる感じのゲーム」という印象がありますw

アイドルが麻雀??へ~、なんで?ミスマッチだよね!

しかも趣味程度ではなくがっつり本業にする勢い?!

と中田花奈さんが麻雀にハマるきっかけは何だったのか気になったので調べてみました!

今回は「中田花奈が麻雀に出会ったきっかけは?かなりんの麻雀愛がすごい!!」ということでお伝えします。

ぜひ最後までお付き合いください^^

中田花奈が麻雀にハマったきっかけは?

中田花奈さんが麻雀に出会ったのは、2015年に出演した舞台のセリフがきっかけだったのだそう。

その舞台は漫画が原作の女性落語家を描いた「じょしらく」という作品。

セリフのなかに良いことが重なることの例えとして「数え役満」という言葉が出てきて、何のことかわからなかった中田花奈さんは言葉の意味を調べます。そこで、麻雀の用語だと知って興味を持ち、麻雀のルールも調べたそうです。

この舞台には乃木坂メンバーから選抜された15名がキャスティングされていたのですが、これがきっかけで麻雀を覚えた!というのはさすがに中田さんだけだったんでしょうね!

麻雀に目覚める前からゲーム好きでもあった中田さんですが、麻雀もアプリをダウンロードして初心者モードからスタート。プレイしながら1から麻雀のルールを覚えていったようです。

またアプリだけでなく、本も読みこんで戦略についても学んだとか。

もともと学業でも優秀なタイプで、ゲーム好き。麻雀は頭が良くないと勝てないと言われるので、中田さんは素質十分だったのではないでしょうか!

☆かなりんの学歴についてはこちらの記事で紹介しています☆

今では仕事終わりに乃木坂46や欅坂46のスタッフさんと打ちに行ったり、他のメンバーたちにも手ほどきして麻雀普及活動を行っているほどの麻雀愛の持ち主だそうですよ^^

スポンサーリンク

中田花奈の麻雀の実力は

舞台に出演した2015年までまったく麻雀を知らなかった中田花奈さんですが、5年後の2020年秋には「雀荘を経営したい」と話すほどその麻雀愛がものすごいことになっています!

たったの5年でどれほどの実力を身につけているのかも気になるところです。

プライベートではその成績は公になりませんが、麻雀番組でのガチバトルを見る限り実力は本物ですよね!


2017年からTBSチャンネルの麻雀対局番組「トップ目とったんで!」に出演し、三代目をかけた勝負では圧倒的勝利を収めて2020年1月からは冠番組として「かなりんのトップ目とれるカナ?」をスタートさせています。

この番組では中田花奈さんがMリーガーと呼ばれるプロ雀士の中でも更にトッププロとされる実力者を相手に対局し、トップを取るほどの実力を見せているんです!

そしてこうした対局のたびにプロからのアドバイスを受け、それをしっかり吸収して血肉にしていっている印象も受けます。

中田花奈さんは、初心者の頃にはただルールだけを覚えていったのではなく、点数計算の仕方もしっかり覚えたそうです。

その理由は、「あと何点取れば1位になれる」というゲームの最中にしっかり戦略を練るためだったとか。

基本的には守備をしっかり重視した手堅いスタイルの中に、攻めるチャンスは逃さず攻めるときは攻める!といった冷静な判断ができるのもこういった学習姿勢が基盤になっていそうです。

麻雀は運の要素も強いですが、やはりやるからには勝ちにこだわるというスタイルが当初からあったからこそ、冠番組を持つほどの実力をつけてこれられたんですね!

まとめ

乃木坂46を卒業後は雀荘を経営したいとまで話す中田花奈さん。

かなりんが麻雀と出会うきっかけとなったのは2015年の舞台でした。それも役柄とは直接の関係ない、セリフの1フレーズだったということがとても意外でした!

たったひとつの言葉の意味を調べて理解した上で役をこなそうとする勉強家・努力家のかなりんの性格がよく表れているエピソードだと感じました^^

その姿勢は出会った麻雀の実力を高めるにもフルに発揮されているみたいですね。Mリーガー相手にトップを取るほどの実力とは、あっぱれです!

その麻雀普及活動もあってAKBグループ内にも麻雀に目覚めているメンバーが。かなりんの座を目指すメンバーも出てきそうですが、追随を許さない存在としてこれからも麻雀愛を深めていって欲しいですね!

かなりんプロデュースの雀荘の実現がたのしみです♪

今回は「中田花奈が麻雀に出会ったきっかけは?かなりんの麻雀愛がすごい!!」ということでお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございました^^

-人物

© 2021 room501